気になる情報をひとまとめ!派遣コラム

UP DATE:2016/02/01

【面接対策】アパレル企業の面接の時に試験官が必ず見る「3つのポイント」

アパレル会社の面接って、具体的にどんなところを見られるの? ファッションセンス? 顔? スタイル? やっぱり見た目を見られるのかな? 実際のところはどうなのでしょうか?
応募した書類選考を通過したら、次は面接。ドキドキしますね。こんにちは、CIN派遣キャスティング編集部です。その緊張感もあらかじめどんなことが聞かれるか、どんなところを見られるかがわかれば、多少はやわらぐもの。そこで今回は、店長や面接担当者が重要視する「3つの選考ポイント」についてお教えします!

これはマスト! 「コミュニケーション力」

販売員の仕事はずばり“売ること”。当然“お客様ありき”となります。そんな仕事ですから、円滑な対人関係をきずける力は重要視されます。・相手の目を見ながら会話ができるか・的を得た返事がきちんとできるか・相手の話しを理解しようとする姿勢がみられるかこれらの基本的なことは面接でも見られます。明朗快活に答えられるよう、心がけましょう。

これさえあれば未経験でもOK!「素直さ、柔軟性」

コミュニケーション力と同じくらい大切なのがこれ。入社して間もない、仕事を完璧に覚えていないスタッフでも、素直な心の持ち主であれば、先輩たちの指導やアドバイスもスムーズに聞き入れることができ、成長も早いもの。さらに販売員には、お客様に合わせた接客法や、突然発生したトラブルを処理する力も必要。状況に合わせた“柔軟性”と“臨機応変”な対応力も必要になってきます。

大事なのは磨こうという姿勢「ビジュアル(外見)」

美人かどうかという話ではなく、身だしなみ、清潔感、オシャレへの関心度など。面接官は「綺麗な人!オシャレな人!」という見た目だけでなく、「綺麗になるため、オシャレになるための努力や手間が好きか」というところを見ています。雑誌やインターネットを使って、日ごろから情報収集を積極的に行ない、ヘア&メイクなどのトレンドにも敏感でいられるようにしましょう。
まとめ

無理に自分を良く見せようとする必要はありません。大切なのは自分らしさや、成長したい! という前向きな気持ちです。瞳もキラキラしていて、明るいオーラがにじみでている。そんなポジティブな人間はどこに行っても歓迎されるのです。