カンバン娘

UP DATE:2014/12/03

Staff Interview

夢をかなえるために、 派遣ってありがたいです。

堀家佳代さん (26歳)

  • ●今のお仕事:某ファッションビル内アパレルショップにて販売スタッフ
  • ●これまでのお仕事経験:飲食店、自動車教習所の指導員
  • ●やってみたいお仕事:ヨガのインストラクター
  • ●得意なこと:人に何かを教えること
  • ●苦手なこと:計算
  • ●趣味:ヨガ、読書

堀家佳代さん

実は、ヨガのインストラクターを目指しての上京なんです。

関西生まれ、関西育ちの私が東京での生活をはじめたのは、ほんの1ヶ月前のこと。 前職の自動車教習所を退職してオーストラリアで約1年半ほど生活していたんですが、そのときに「自分にしかできない仕事をしたい」と思うようになって。帰国後、出会ったのがヨガだったんです。
最初はやってみるか、ぐらいだったんですが見事にハマり(笑)健康や美容といった面だけじゃなく、哲学的な部分まで深めたくなり…ちょうど東京に学べる場があると聞き、上京してきました。いま考えると前職に就くときも、海外で生活はじめるときも、そして今回の件もごく自然な流れに任せてる感じですね。タイミングがいいといいますか、すべてつながっているように思えます。
派遣は夢を叶えたい人にとって ベストな選択肢だと思います。
実は、ヨガのインストラクターを目指しての上京なんです。 そんなわけですから、派遣というお仕事のスタイルはとっても助かります。夢があるとはいえ、それだけでは生活できませんからね。 月曜と木曜にヨガの学校に通い、それ以外はアパレルショップで販売のお仕事をしています。ファッションにはさほどこだわりのないタイプでしたが、どちらかというと好きだし、興味もあってはじめてみることにしました。いまの勤め先を決めた理由は“お客様とのコミュニケーションを大切にする”という会社の方針と、スタッフがみんないい人だという評判から。派遣だからといって流すような仕事は当然ダメだと思うし、やるからにはしっかり知識を身につけて、お客様のためになるような接客をしたいですから。働く環境については慎重に選んだつもりです。 苦労ですか?うーん、やっぱりファッションについての勉強が大変ですね、専門外ですし(笑)。
はじめてのアパレル販売。 だけど想いはちゃんと伝わります。
派遣は夢を叶えたい人にとって ベストな選択肢だと思います。 アパレルショップにお話をしにくるお客様はほとんどいません。そんな状況でいかにコミュニケーションをとっていくか。結構難しいです。 ただその中でもやりとりを通じて盛り上がったり、おすすめした商品を気に入っていただけると本当にうれしい。ある時、3回ほどご来店いただいたお客様にバーゲンの日程をお伝えしたんですが、あいにくその日は別の店舗でお買い上げになったそうなんです。で、後日わざわざそのことをお詫びしにいらっしゃって。それだけでも感動でウルウルなのですが(笑)いろいろ話しているうちに私が着ていた服がお気に召されたようで、その場で上下まとめてお買い上げいただけました。他にもおすすめした帽子をご購入されたお客様が、早速かぶって見せにきてくださったり。アパレルの販売って大変なこともありますが、こういったお客様とのふれあいが私の原動力になっているんです。