気になる情報をひとまとめ!派遣コラム

UP DATE:2016/02/02

【女の職場】先輩や店長と一緒の休憩で、気を付ける事4ヶ条!

これから昼休憩。なんと今日は同じ早番シフトの先輩や店長も一緒に休憩に行くことに。「気まずい…何を話そうか?」そんな思いをしたことのある方は必見です。
女の職場、色々と気を遣うことはありますが、休憩中でも同様です。こんにちは、CIN派遣キャスティング編集部です。外に食べに行くこともあれば、百貨店の休憩所で一緒に休むこともあるでしょう。今回は誰かと一緒に休憩に行く際に「やってはいけないタブー事項」をお伝えしていきます。

だらしない格好で座らない

「背筋を伸ばして座れ!!」という意味ではありません。休憩中とはいえだらしなく足を投げ出して座ったり、テーブルにひじを付いて、足を組んで貧乏ゆすり…など、度を越えたリラックスはしないように気を付けましょう。

携帯に夢中にならない

店頭ではたくさんのお客様に対して、感じの良い対応や楽しい会話をするように過ごしている分、休憩中くらいは言葉少なく過ごしたい…、そんな気持ちもわかります。無理してベラベラと何の脈絡もない会話をする必要はありません。ただ、ムスっとした表情でずっとだんまりでは、空気が重くなり逆に疲れが増してしまいます。“相手への配慮”としてたまに軽い話題を振ってみるなど、お互いに快適な時間を過ごす意識を持ちましょう。

相手の分のゴミも一緒に捨てる

公共の休憩所で休む場合、コンビニなどでお弁当を買ってきて食べる場合も多いでしょう。そんな時、自分が食べ終わったからといって、自分のゴミだけ捨てて人のゴミは知らんぷり…。どうせゴミ箱に捨てに行くなら、先輩の分も一緒に捨ててあげる。そんな細やかな気遣いを持った素敵な後輩になりたいですね。

終始無言はNG

長時間にわたりSNSやゲームを続けたり、友達との長電話も一緒に休憩を取る相手に失礼な行動です。ともにゲームを楽しむなら構いませんが、電話やメールをする時は「1件メールしてもよろしいですか」など、一言断ってからするのが大人のマナーです。
まとめ

休憩を一緒に過ごす相手が年上でも年下でも、相手への配慮やマナーの内容は変わりません。もし、あなたが後輩と一緒に休憩に入った時に、同様の気遣いをみせたら、後輩は感動するでしょう。分け隔てのない配慮ある行動をするあなたを人間としても尊敬し、目標として日々の業務にはげむでしょう。たかが休憩、されど休憩。ぜひ次に誰かと休憩に行くことになった時にはぜひ実行してみてください。