気になる情報をひとまとめ!派遣コラム

UP DATE:2016/01/12

バレンタインの短期派遣・アルバイトを徹底分析!高時給で楽しく稼ごう!

バレンタインといえば、女性が意中の男性にチョコレートを贈ることで愛の告白をする、というイベント。最近では義理チョコや友チョコなどさまざまなバリエーションが存在し、恋愛に関係なく親しい人にチョコを贈るイベントになりつつあります。そういった面では、バレンタインはすっかり日本人の生活に定着したといえるでしょう。

また、バレンタインはお菓子メーカーどうしの「バレンタイン商戦」としての側面を忘れてはいけません。
デパートやショッピングセンターでは、バレンタインシーズンになると特設会場を設置。ふだんは地下(いわゆるデパ地下ですね)で販売している、スィーツショップや洋菓子屋さんがこの日とばかりは気合の入ったチョコの試食販売を展開。
バレンタインデー前の週末はお一人様から女性のお友達同士、カップルまでたくさんのお客様で賑わいます。ショップの中には外国からわざわざ有名パティシエを招き、商品の試食イベントを開催するなど、売り場の熱気も最高潮を迎えます。

そんなバレンタインデーですが、今回は「買う側」ではなく「売る側」の立場で見ていきましょう。バレンタイン商戦の時期は派遣・アルバイトの募集も大幅に増えます。短期間でお金を稼ぎたい、という方には絶好のチャンスなのです。CIN派遣キャスティングでも、バレンタインの派遣のお仕事を多数取り扱っています。その中で得られた情報を元に、バレンタインのお仕事事情を分析・整理してまとめてみました。

★目次

■バレンタインアルバイト・派遣の時給はどのくらい?

■期間はどのくらい?

■どんな仕事があるの?
・チョコレートの試食販売
・包装・ラッピング
・商品補充

■バレンタインデー期間はライバルだらけ?

■早めに探すことが重要!バレンタインの短期アルバイトの探し方
・①求人情報誌で探す
・②派遣会社に登録する

■面接・顔合わせで採用されやすいポイント
・元気さ
・勤務日数
・経歴
・体力

■【番外編】もしかしたら恋だって芽生えるかも?

バレンタインアルバイト・派遣の時給はどのくらい?

地域によって異なりますが、一般的なバレンタイン販売職はおよそ1000円以上が相場。通常の時期の時給に比べると100円~200円ほど高いことが多いです。派遣スタッフや、販売職経験者ならもっと高くなる場合もあります。バレンタインのアルバイトが人気な理由は、高時給で勤務時間が多いため、短期のアルバイトでもガッツリ稼げるからです。

期間はどのくらい?

バレンタインデーのアルバイトや派遣、特に食品系は数あるイベントアルバイトの中で、ダントツで人気が高いといえるでしょう。まず短期で2月14までと期間が決まっている点。だいたいバレンタインデーの3週間前ぐらいから当日までという短い期間でのお仕事になります。各お菓子メーカーやデパート、派遣会社もこの日は若い女性から主婦までたくさん採用しようと、高時給の募集がたくさんあります。需給バランスをかんがえても、人気が高まるのがわかりますね。販売品目も通常より絞り気味になるので、集中してお仕事を覚えたい方にピッタリ。また短い期間ながらも忙しい日々を一気に駆け抜ける感じはまるで学園祭のノリ。一緒に働く仲間たちとのコミュニケーションも濃く深くなります。

どんな仕事があるの?

・チョコレートの試食販売

最も売上をリードしていく役割を担う試食販売。しかも試食から実際の販売へと誘導するテクニックも必要です。当然、その役割分の給与が上乗せされるわけです。いたずらに試食ばかりされて全然売れない、なんてことは避けたいところです。お客様とのコミュニケーションに自信がある方や、社会に出る前に度胸をつけておきたいといった方は、あえてチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。想像以上に難しいかもしれませんが、その分やりがいも満点だと思います。

・包装・ラッピング

バレンタインチョコをギフトにするために購入するお客様が多いため、包装もいつも以上に丁寧に、綺麗に決める必要があります。もともと手先が器用だという方にはうってつけのお仕事ではないでしょうか。かわいく包装する、綺麗に飾り付けるなどさまざまな方法がありますが、自分なりのオリジナルな包装があればいちど店長さんに相談してみてもいいかもしれませんね。またこの時期はケーキやチョコを実際に作るバイトや派遣のお仕事もあります。お菓子作りのスキルをお持ちの方、料理が得意な方はもちろん、物をつくることが好きな方にはたまらないお仕事ですね。まめに求人雑誌やアルバイトサイトをチェックしておきたいものです。

・商品補充

こちらは売場のサポートがメインのお仕事になります。お店によっては販売と同じスタッフが担当する場合も。とにかくバレンタインは商品の販売数が爆発的に増えます。特に催事の場合は販売スペースが限られているため、店頭のチョコレートはすぐに売れていきます。せっかくお客様が来てくれても商品がありません、では機会損失になってしまいます。陳列の見た目をキープするためにも、定期的に商品を補充する必要があるわけです。百貨店などの場合は、催事場とは離れた場所に、商品在庫の倉庫スペースが設けられているようです。そのため商品の補充スタッフは売り場と倉庫を何度となく往復することになります。バレンタインのアルバイトの花形は販売ですが、商品がなければ売る事はできません。補充スタッフは表には見えませんが、縁の下の力持ちのような売上を影から支える存在といえるでしょう。

・リーダー職

バレンタインの売り場はスタッフが大勢います。そのため、スタッフをまとめるリーダー役が必要になります。大きな百貨店は、複数のメーカーの販売員を派遣会社にまとめて手配しています。そのような場合は、派遣会社側がまとめ役のリーダーを配置するようです。リーダー職はやることが盛り沢山。出勤状況のチェックや新しいスタッフの教育、売上金の確認、入荷・在庫の管理、各メーカーへの報告など、ほぼ全ての業務をこなす必要があります。リーダーポジションは通常の販売のアルバイトよりも時給が高く、バリバリ稼ぎたい人にはうってつけでしょう。しかし、表立って「リーダー職」として募集がされる事はほとんどありません。派遣会社側である程度経験がある人材を選抜して指名することが多いようです。気になる方は派遣会社の担当に相談してみるのもいいかもしれませんね。

バレンタインデー期間はライバルだらけ?

たくさんのチョコレートメーカーやお菓子会社、スィーツショップなどが文字通りしのぎを削るバレンタインデー期間。特設販売会場ともなると向こう三軒両隣すべてがライバル店になります。その中から自分の働くお店のチョコレートを選んでもらうわけですから、決してカンタンではありません。お客様から選ばれるには、ブランドや味の好み、値段などさまざまな要素があります。しかし、「販売員の感じの良さ」や「おすすめのひとこと」で決まることだってあります。逆をいえばそこがチョコレート販売のやりがい。一度訪れたお客様が別の売り場に周り、また戻ってきてくれたとき、購入してくださったときの手応えや達成感は何にも替えがたいでしょう。ライバル店とは何も敵ではありませんが、それでも自分のところのチョコが売れてほしい…あなたがもしそんな思いを抱いたなら、一人前の販売スタッフです。

早めに探すことが重要!バレンタインの短期アルバイトの探し方

バレンタインのアルバイトの募集が開始され始めるのは、12月の終わりから1月の初旬にかけて。募集の数は1月の中旬にピークを迎え、1月後半からはほとんどのバイトが埋まり始めます。

①求人情報誌で探す

求人サイトや求人誌で探す方法です。働く場所や時給を自分で選びたい方や目当てのメーカーが決まっている方におすすめです。全国展開しているサイトや情報誌では、人気の募集に応募が殺到。早い者勝ちで埋まってしまうこともあるため、募集が出ていないか定期的にチェックする必要があります。

②派遣会社に登録

派遣会社に登録すれば、膨大な求人情報の中から自分に合ったアルバイトを探す、といった作業から開放されます。あらかじめスタッフに条件を伝えておけば、派遣会社が持っている案件から適切な物を紹介してくれるはずです。また、バレンタイン以外の期間にあらかじめ登録し、派遣で働いておけば条件の良い仕事を回してもらえるチャンスが増えるでしょう。派遣会社側も、きちんと働いてくれる人には優先して仕事を紹介してくれるはずです。

面接・顔合わせで採用されやすいポイント

一般のアルバイトでは店舗での採用面接が、派遣ではスタッフと一緒にメーカーの採用担当との顔合わせがあります。

・元気さ

活気のあるバレンタイン会場では、ライバル店舗との競争の中で、どれだけお客様を呼び込むかがカギとなります。それにはやはりある程度の元気さが必要になります。メーカー側も自分のお店の商品を元気よく売ってくれるスタッフを採用したいと考えているはず。面接・面談では元気よくハキハキと返事して、自分は「できるスタッフ」ですよ、とアピールすることがポイントです。

・勤務日数

バレンタインの催事では、多くの日数を長時間シフトに入れる人材が求められています。働ける時間が変則的なスタッフはシフトが組みにくいため、敬遠される傾向にあるようです。可能な限り働ける時間はシフトに入れるよう調節して申告しましょう。働くお店の都合に柔軟に対応できます、というスタンスは採用に大きなプラス要素となるでしょう。

・経歴

バレンタイン催事や販売の経験者は優遇される傾向にあります。時給がプラスになる場合もあるので、あなたが販売経験者なら迷わず申告しておきましょう。お店側は給料を出すわけですから、せっかくなら実績のある経験者に頼みたいと考えているはずです。

・体力

バレンタインのアルバイトは短期ですが、2月前半にシフトが集中します。短いように感じますが、いざやってみると意外と長丁場に感じるはずです。忙しいぶん、疲労も溜まりやすいといえるでしょう。また、この時期はインフルエンザや風邪などで体調を崩しやすい時期。普段よりも特に手洗い・うがいや体調管理に気を配る必要があります。

【番外編】もしかしたら恋だって芽生えるかも?

さて、バレンタインデーのバイトや派遣のお仕事についていろいろな角度から検証をすすめてきましたが、最後はちょっと妄想系です(笑)。何かと人手がほしいこの時期のお店。期間限定でバイトをたくさん雇って乗り切ろうとしますが、当然そこには男性スタッフもいるわけです。短い期間とはいえ、一緒にチカラをあわせて忙しい時期を乗り越える。この体験は男女問わず人と人との距離を大きく縮めるものです。共通体験を通して思いを共有すると、関係性も深まり、たとえばそれが男女だった場合はお付き合いに発展することも容易に想像できるわけです。もちろんあくまでお仕事ですから、恋人探しのような浮ついた気持ちで職場に出るのは厳禁ですよ。ただ、結果論としてバイト先で知り合った…という理由で交際がはじまり、そのままゴールインというカップルを何組もみていると特殊なことではなくごく一般的にありうるのです。
まとめ

いかがでしたか?短期・高時給のバレンタインデーアルバイトや派遣。春休みまえの学生の方なら、旅行などいろいろとお小遣いが必要な時期。短期間でしっかり稼いで、充実感と、もしかしたら恋人も手に入れることができるかもしれませんよ。もちろん意中の人がいる方は自分が一生懸命販売したバイト代でステキなチョコをプレゼントしてあげてください。