カンバン娘

UP DATE:2014/12/18

Staff Interview

“プラスワンのホスピタリティ” を提供したい!

高橋知美さん (21歳)

  • ●今のお仕事:東京駅GRANSTA『アルデュール』にて販売スタッフ
  • ●これまでのお仕事経験:飲食店や定食屋のスタッフ、など
  • ●得意なこと:おしゃべり
  • ●苦手なこと:静かにしていること
  • ●休日の過ごし方:韓国語の勉強、友達や母とお出かけ

高橋知美さん

夢にまで見た、規則正しく充実した日々

東京駅GRANSTA内の洋菓子屋さん『アルデュール』で働き始めて3ヶ月。 私が派遣のお仕事を選んだのは規則正しい生活を送りたかったからなんです。 以前は飲食店で働いていたんですが、ピークタイムが夜ということもあり、夕方出勤して帰りは終電近くになることが多くて。起きるのはお昼過ぎ、働いて寝るだけの日々が続き、友達とも遊べない。 「もう少し規則正しく、昼間に働きたいな」と思い、お仕事を探していた時にCIN派遣キャスティングのサイトに出会いました。今のお仕事は朝の8時から夕方の17時までの早番がメイン。 お仕事帰りも新スイーツのリサーチがてらウィンドウショッピングをしたり、毎週木曜日は韓国語講座に通ったり、とっても充実した日々を送っています。
敬語や、“のし”袋の種類など、 いろんな教養が身に付きました
夢にまで見た、規則正しく充実した日々 駅構内なので、やっぱりお店は忙しいですね。 比較的お客様が少ない平日の昼間でも、商品補充や保冷剤の小分け作業など、常に仕事があって 毎日時間がたつのがあっという間。お客様の年齢や職業も幅広く、ご自宅用や手土産など用途もさまざま。敬語はもちろん、立ち居振る舞いや“のし”の種類など、入社してすぐに先輩スタッフさんが丁寧に教えてくださって、これまで知らなかった色々な知識が身に付きました。店舗のスタッフはベテランさんから、私のような新人スタッフまで、みんなびっくりするくらい仲良し。 そういう雰囲気ってお客様にも絶対伝わるから大事ですよね。そんな働きやすい環境なので、春までの 契約延長も喜んでお願いしました。クリスマス、バレンタイン、ホワイトデーとかき入れ時が続きますが、みんなで一致団結して頑張ります!
ひとりひとりのお客様に 寄り添った優しい接客がしたい
敬語や、“のし”袋の種類など、 いろんな教養が身に付きました 大好きな接客業、私が大事にしているのはお客様をよく観察すること。顔や表情、服装など、色々な ところからの“気づき”を接客に活かしています。 常連さんであれば「今日はバニラのマカロンはよろしいですか?」と確認したり、お荷物が多いお客様には「おまとめしますか?」とお声かけしたり。 些細な気遣いでも喜んでいただけるのは嬉しいし、何より私自身がお客様との会話を楽しみたいんです。しかもお店は新幹線の乗り場近くにあるので、いろんな地方からのお客様と触れ合える。生まれも育ちも東京の私にとってこれは貴重な機会! 数あるお店のなかから『アルデュール』を選んでくれたお客様に、感謝の気持ちを込めて“プラスワンの ホスピタリティ”を提供したい。そんな優しい気持ちになれるのは、やっぱり仕事もプライベートも充実しているからなのかな?